• 096-201-3635

私たちについて

About Natural disaster cyber rescue team.

私たちについて

簡単にいえば

ざっとした説明

NDCRは自然災害に対してITの力で出来ることをプロジェクト単位で実行するためのプラットホームです。支援のアイディアを考え自ら組織化したり、NDCRのメンバーの助けや情報などを利用して実際の行動につなげます。基本的にはボランティアでの活動になりますが、社会的な貢献度によっては利益を出すプロジェクトがあっても良いものとします。参加資格はありません。

自然災害サイバーレスキューチーム(NDCR)は、熊本地震をきっかけに結成された、エンジニアやクリエーターの集団です。

災害時におけるIT,ICTの有効性と必要性を感じ、それらを使って今後何が出来るのか考え行動することを旨として、結成されました。その活動内容は全てプロジェクト単位で構成され、参加する人員もプロジェクトごとに異なります。

被災後様々なシステムが立ち上がりましたが、それらシステム自体のプラットホームが確立しておらず、NDCRがその一端を担うことができればと思っています。

以下に活動指針を提示します。

  • スピードが命
  • 失敗を恐れない
  • 大手が出来ない独自性のあるサービスを企画する
  • 他者の為は自分の為
  • ゆるいつながりを活かす
  • 多様性のある価値観を尊重する

組織としての構造

  1. NDCRは参加するメンバーそれぞれの価値観を尊重し、それぞれの活動をオーガナイスします。活動はプロジェクト単位で進行し、それぞれのプロジェクトリーダーが采配を振るう形になります。
  2. NDCRは情報共有のプラットホームです。テクノロジーをベースに各自の情報を共有し、各活動に活かします。
  3. NDCRの構成メンバーはエンジニア、クリエイター、その他賛同者に依って成り立ち、プロジェクトに参加しますが、各自の事情に合わせて自由に参加と脱退が可能とします。
  4. NDCRの活動は各プロジェクトリーダーが責任を追うことになります。
  5. NDCRの構成メンバーは個人、団体、企業など同列に扱われます。
  6. NDCRの活動は他団体と積極的に関わることを旨とします。同一のプロジェクトなどが存在する場合、そのリソースを共有し惜しみなく分け与える様に実行します。
  7. NDCRに参加し、プロジェクトを始動させた者はその進行状況をNDCRに対して、報告する義務を負います。
  8. NDCRの組織自体は営利を目的としません。各会計収支は基本的にプロジェクト単位で行われます。NDCR全体で取り組む活動にかかる経費が必要となった場合は別途会計処理を行いウェブ上にて報告します。

NDCR 代表 浅川浩二

〒860-0017
熊本県熊本市中央区練兵町85-7 シャンボール練兵町 703号
デルタワークス内 NDCR事務局
TEL 096-201-3635
FAX 096-201-3635
プロジェクトの考え方

NDCR

事務局所在地

〒860-0017
熊本県熊本市中央区練兵町85-7 シャンボール練兵町703号
デルタワークス内 NDCR事務局
TEL 096-201-3635
FAX 096-201-3635